絵本・児童文学研究レポート

絵本・児童文学についての自由研究ブログです

こぶたの気持ち 子どもの気持ち『どろんこ こぶた』

『どろんこ こぶた』

 アーノルド・ローベル 作 岸田衿子 訳 文化出版局 (1971)

 3~4歳頃から

 

【あらすじ】

 こぶたは、おひゃくしょうさんのうちの、ぶたごやに住んでいました。こぶたが一番好きなことは、やわらかーいどろんこのなかに、すわったまま、「ずずずーっと」しずんでゆくこと。あるあさ、おばさんが大掃除をして、こぶたの大好きなやわらかーいどろんこまできれいにしてしまいました。怒ったこぶたは、うちを逃げ出してしまいます。しかし、いいどろんこはなかなかみつかりません。とうとう、大きな町まで来て、ついにどろんこを見つけます。うれしくて、すぐにどろんこにしずんでみたのですが、何かいつものどろんこと違うことに気づき・・・

 

こぶたの気持ち 子どもの気持ち

 

昨日に引き続き、「どろんこ」つながりで、今回は『どろんこ こぶた』を紹介します。

 

「どろんこ」

犬も、こぶたも、子どもも大好きです。

 

ちょっとひんやり冷たくて、何にでも大変身。

どろだんごだって作れるし、まっくろくろすけにだってなれちゃいます。

 

この『どろんこ こぶた』のこぶたは、温泉みたいに「ずずずーっと」つかるのが好きみたいです。

 

包まれている、安心感みたいなものがあるのでしょうか。

 

何もしないで、のんびり、休むというのも、とても大事な時間です。

 

こぶたにとって、「どろんこ」は宝物。

 

でも、おばさんにとっては、ただの汚いどろんこにしか、初めは見えませんでした。

 

子どもが大切に集めていたものを、ガラクタだと思って捨てられてしまうこと、よくありますよね。

小さい頃、大事なものを親に捨てられてしまったときは、本当に辛かったです。

 

おばさんが、おおそうじのついでに、こぶたをお風呂に入れて、きれいにリボンなんてつけてもらっているのですが、こぶたはなんとも不満げな表情です。

 

ぼくの好きなことはこれじゃない・・

 

これも、なんだかよくありそうな情景です。

よかれと思って、あれこれ手をかけすぎてしまうのです。

 

怒ったこぶたに共感する子どもたちが、もしかしたらたくさんいるかもしれません。

 

怒ったこぶたは、逃げ出して、どろんこ探しの旅に出ます。

しかし、なかなかみつからず、ついにみつけたと思ったどろんこはなんとセメント。

 

大失敗のこぶた。

みんなに注目されて、さらに悲しげな表情です。

 

セメントづけから助けてもらったこぶたは、おじさんとおばさんのうでのなかに、すとんととびこみました。

 

いろいろ冒険したいけど、がんばったら休む。

 

うちに帰ったこぶたは、

 

「すぐに、こぶたは、ぶたごやにかけこんで、まず ごはんを たべました。」

 

まずは腹ごしらえ。大事です。

 

「それから、だいすきな やわらかーい 

どろんこの なかに すわりこんで、

しずかに ずずずーっと、しずんでゆきました。」

 

 

帰ってくることができた、安心感。

宝物のそばで、ゆっくり、おやすみなさい。