絵本・児童文学研究レポート

絵本・児童文学についての自由研究ブログです

老人のくれた知恵や優しさ『わすれられないおくりもの』

『わすれられないおくりもの』

 スーザン・バーレイ 作・絵 小川仁央 訳 評論社 (1986)

 5~6歳頃から

 

【あらすじ】

 かしこくて、いつもみんなから頼りにされていた、優しいアナグマ。年をとっていたアナグマは、トンネルの向こうへ旅立ちます。森のみんなは、アナグマの死を悲しみます。冬が終わり春になると、みんなは、互いにアナグマとの思い出を語り合います。アナグマのくれた、わすれられない大切なおくりもののお話。

 

老人のくれた知恵や優しさ『わすれられないおくりもの』

 

『わすれられないおくりもの』では、老人のアナグマが、若いみんなに慕われていた様子が描かれています。

 

そのアナグマの「存在感」

老人というのは「存在」の象徴です。

そこにただいてくれているだけで、安心できる、そんな存在。

 

そして、老人の「包括性」

誰に対しても分け隔てなく接し、自分の知恵や工夫をおしみなく伝えています。

 

老人というのは、「死」の象徴でもあります。

死にとても近い存在です。

 

アナグマは死ぬことをおそれていませんでした。

 

死んで、からだがなくなっても、心は残ることを、知っていたからです。 

 

アナグマは長いトンネルの向こうへ行ってしまいました。

 

みんなの心の中は悲しみでいっぱい。

でも、それだけではありませんでした。

 

時間の経過の中で、みんなはアナグマの死を受け入れ、アナグマとの思い出を語れるようになっていきました。

 

丁寧に教えてくれたこと、ずっと優しくそばにいてくれたこと。

みんな、それぞれにあるアナグマとの思い出。

 

アナグマは、ひとりひとりに、別れたあとでも、たからものとなるような、ちえやくふうを残してくれたのです。みんなはそれで、たがいに助けあうこともできました。

 

アナグマのおくりものは、みんなの心の中にずっと生き続けていきます。